?

Log in

No account? Create an account

Back it up! | Foward!

Jan. 11th, 2010

三日月を抱いた君に呟いた
「粉雪と踊る君に逢いたい…」
たった一つだけの想いを乗せて
紅く染まる雪を宙に散りばめた

君を抱きしめる花となれ
募る想いめぐらせ咲き乱れ
心奪われるほど君を愛せたことを
何度も…何度も…夜空に叫んだ

吐息紅く染めて詠い続けてた
「今宵の夢にぞ君が姿を…」
君の消えた季節がもうすぐ終わる
最後の涙 重ね、粉雪に変えて見せよう

君を抱きしめる雪となれ
募る想い散りばめ舞い踊れ
傷を隠そうとするほど何故か涙が溢れて

君の微笑みが今、霞んで見えないよ

君を照らし出す月になれるなら
夜空に星 散りばめて
君を捜そう

躰 朽ち果てても…

君を抱きしめる雪となれ
夜空の君を彩る花になれ
君に触れようとするほど掴んでは消える…“雪の華”
何度も…何度も…夜空に
叫び続けた

君に届きますように…

Comments

( 1 track — Scratch that disk! )
milodrums
Jan. 11th, 2010 04:53 am (UTC)
Woman, I AM HOLDING ONTO YOU'RE HEADCRAB. Or actually it's holding me, but whatever.
( 1 track — Scratch that disk! )